ページの先頭です

確定申告について
ホーム > 確定申告について

確定申告のことならお気軽にご相談下さい

今年も確定申告のシーズンがやってきました。昨年中に次のような出来事があった方は、恐らく確定申告が必要です。

  • 1. 不動産を売却した
  • 2. 新たに個人で事業を始めた
  • 3. 保険の満期金を受け取った
  • 4. 不動産賃貸収入や年金の所得があった
  • 5. 2カ所以上から給与の支給を受けた
  • 6. 給与の年収が2,000万円を超えている
  • 7. 年の中途で会社を退職した
  • 8. 株式を売却した

また、次のような方は確定申告をすれば所得税の還付を受けられるかもしれません。

  • 1. ローンで住宅を購入した(増改築含む)
  • 2. 怪我や病気で多額の医療費を支払った
  • 3. 年末調整で保険料控除や配偶者控除などを受け忘れた
  • 4. 公的な寄付をした
  • 5. 火災や盗難で被害を受けた
  • 6. 配当収入があり、かつ、上場株式の譲渡損が発生した

いずれかに該当する方は、お気軽にお問い合わせまたはご来訪下さい。>>お問い合わせページへ
確定申告の必要の有無や所得税の還付を受けられる可能性などのご相談については、無料にて対応いたします。

なお申告の手続をお引き受けする場合の費用については、下記のとおりです。

個人の確定申告

一般的な個人の確定申告報酬は、下記のとおり、所得の態様に応じてご請求します。

申告の内容 報酬の総額の目安
・年の中途退社の給与精算
・年末調整で受け忘れた所得控除の申告
・医療費控除の申告
・2カ所以上からの給与の合算
1~3万円
・小規模な住宅ローン控除の申告
・小規模な不動産の賃貸
・株式の売却申告
4~7万円
・中規模以上の不動産の賃貸
・白色申告の小規模事業決算
・3種類以上の所得の申告
・その他複雑な計算を要するもの
8万円~

(注1)上記金額には消費税を含みません。消費税は別途ご請求させて頂きます。

不動産譲渡の確定申告

不動産譲渡の確定申告報酬は、下記のとおり、譲渡所得の金額に応じてご請求します。

譲渡所得の金額(各種特例適用前の金額) 報酬の総額の目安
1,000万円以下 10万円
1,000万円超 3,000万円以下 譲渡所得の金額×1.0%(上限27万円)
3,000万円超 6,000万円以下 譲渡所得の金額×0.9%(上限48万円)
6,000万円超 1億円以下 譲渡所得の金額×0.8%(上限70万円)
1億円超 譲渡所得の金額×0.7%

(注1)上記金額には消費税を含みません。消費税は別途ご請求させて頂きます。
また譲渡所得以外の所得がある場合には、「その他の個人の確定申告」の報酬額を加算させて頂きます。
(注2)上記金額には所得税確定申告書の作成報酬のほか、譲渡所得の明細書の作成など、所得税の申告に必要な一切の業務の報酬を含みます。ただし税務調査立ち会い報酬、修正申告報酬などは別途ご請求させて頂きます。
(注3)譲渡所得並びにその他の所得について複雑な計算を要するときは、別途割り増し報酬をご請求することがあります。
(注4)譲渡所得の金額が赤字である場合には、別途ご相談させて頂きます。

須田所長が監修した確定申告のマニュアルムックが出版

すぐ書ける確定申告

すぐ書ける確定申告new

(成美堂出版刊、1,365円)

須田所長が監修した確定申告のマニュアルムックが出版されました。
「ムックMook」とは、雑誌(Magazine)と本(Book)を掛け合わせた造語で、雑誌のような本、ということらしいです(笑)。
本のタイトルは「すぐ書ける確定申告」(成美堂出版刊、1,365円)。
なんだかすぐに書けそうな気がするでしょ?
自力での確定申告書作成にチャレンジしたい方、書店に平積みされているはずですから、是非一度ご覧下さいね。

ページの先頭へ